早期改善のための治療はコレ

ひざに水がたまっているかチェックする方法

サラの部分を押してみる

 

膝に水がたまっていると、明らかに膝部分がおかしくなってきます。つまり、違和感を感じるのです。上から、膝のサラの部分を押してみて下さい。もしも押してみて、とても違和感を感じたり、異物感を感じるのであれば、サラに水がたまっている事が考えられます。

 

つまり、関節水腫ですよね。関節水腫になると、水を早めに抜く事が求められるのですが、膝に水がたまるのは、クセになってしまうというような噂も耳にしますが、これは、水を抜いた後に、炎症を留める処置をしなかった場合に限ると言えます。

 

血液がたまっている場合もある

 

膝にたまる水というのは、液体ですが、血液である場合もあります。関節水腫になるという事は、その膝関節部分の血行はとても悪くなっている状態が予想されます。そのような状態ですと、膝に血流が滞ってたまってしまっているという事が考えられるのです。温めるなどして、血の巡りを良くしておく必要があります。

 

血液を抜いた後も、普段から膝関節の血行を良くしておくといいでしょう。入浴中によく膝を揉み解すのも、効果的です。
また、温かいタオルを膝に巻いておくのも効果的です。色々な温熱療法を、ご自分でも試してみましょう。

 

薬物療法による治療

 

水を抜いた後は、また同じ炎症が発生しないように、ステロイドなどの薬剤を投与していき、炎症を抑える方法もあります。

 

手術による治療

 

薬物治療の他には、手術により、膝関節の治療を行う事もあります。