早期改善のための治療はコレ

関節水腫(かんせつすいしゅ)を予防することはできますか?

●関節水腫は予防できるのか

 

関節水腫を予防する事はできるかという質問をよく聞きます。
関節水腫の予防は十分に可能です。しかし、その人によって、適切な予防方法がありますので、
病院の診察などを受け、関節水腫を予防していく事が好ましいでしょう。

 

水を抜こう

 

関節水腫の症状が出てしまいますと、膝に水がたまってしまいます。膝のサラという部分に水分が貯留してしまうのです。これが、膝周りにだるさを感じさせてしまい、歩行するのにも、支障をきたすようになってしまいます。

 

症状が悪化してしまいますと、それだけ治療にも時間がかかってきてしまうので、できるだけ早い段階で関節水腫を予防していく事が大切です。水を抜く方法は、注射による方法です。注射で水を抜く事ができ、時間も短時間で済みます。

 

温熱療法という選択肢

 

関節水腫を予防するために、膝関節を温めるという方法があります。温熱療法によって膝関節を温めますと、それだけ血行もよくなりますので、膝の神経や筋肉のこわばりもなくなっていきます。日頃から膝を冷やさないように気を付け、膝周りを温めていたわっていく事が大切です。膝周りの筋肉や神経を、緊張させたままにしておかないようにしましょう。

 

薬による治療をしていこう

 

薬によって、関節水腫を予防していく事ができます。この時、ステロイドなどの薬剤が多く使われます。お年寄りの方というのは、一度関節水腫になってしまうと、また再発しやすくなってしまいますので、特に予防は必須です。運動選手など、日頃から運動量の多い方も、予防していく事が求められます。