早期改善のための治療はコレ

関節水腫(かんせつすいしゅ)の特徴と原因

関節水腫(かんせつすいしゅ)とは

 

皆さんは、関節水腫(かんせつすいしゅ)という症状名を聞いた事はありますか?とても難しい症状名なので、知らない方も多いかと思いますが、これは、膝の痛みを伴うと主に、膝水がたまってしまう症状を特徴とするもので、痛みの他に、膝周りに、だるさや倦怠感を感じる事があります。関節水腫にかかっている場合、その判断方法にも、複数あります。

 

例えば、膝の腫れや痛みやだるさを感じる時も、関節水腫が疑われます。
膝の皿部分を押した時に、プヨプヨした感じがあったり、何か入っているような違和感が感じられた時にも、関節水腫だと疑われます。突然膝に激痛が走る時も、関節水腫の危険性が非常に高くなります。

 

関節水腫の特徴とは

 

関節水腫になってしまうと、膝関節に水がたまってしまいます。これを、関節水と呼びます。膝が腫れて熱を伴う事もあるため、症状例の中として、倦怠感やだるさが挙げられるのです。階段を上がり降りしたり、ひねった時にも、強い痛みを感じてしまう事があります。

 

関節水腫の原因

 

関節水腫になってしまう原因に考えられるのは、膝関節内の軟骨や骨がすり減ってしまった時の「カス」です。このカスやカケラが、関節包を刺激する事が大きな原因となって、膝に炎症が起こってしまうのです。そうしますと、関節包から、「サイトカイン」という化学物質が放出されるために、ひどい痛みを感じてしまうようになります。加齢に伴う骨軟骨の破壊や変形によるところが多い症状です。